トーキョーレンジャーズ

フィールド紹介

野川(東京都世田谷区)

フィールド名:野川
場所:東京都世田谷区
現地団体:せたがや野川の会

■現地の活動の紹介

”野川”は国分寺市より発し、国分寺崖線から湧出する豊富な水を集め、多摩川に合流するまでの約20㎞を流れる一級河川です。以前は武蔵野の田園を流れていましたが、現在は住宅に囲まれる都市河川となっています。しかし、河川の堤防や高水域は草地となり、近隣住民が散歩をするなど憩いの場となっております。

 堤防内の草地は、年に2回の地域行政による除草が実施されています。しかし除草機を使った徹底的な除草となる為、在来種が衰退し、オオブタクサやセイタカワダチソウ、アレチウリ等外来種が繁茂する状態です。この方法では画一的な除草となり草地に生息する昆虫等生態系にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこでレンジャーズは、外来種のみを選んで抜き取る”選別除草”を行い、川辺・草地の生態系を守ります。

【現地団体】

せたがや野川の会

http://www.setagaya-nogawa.org/main/main.htm

■レンジャーズリーダーより

川沿いを歩きながら外来植物を抜いていくという、保全活動というよりもピクニックに近い感覚で気軽に参加できます。

現地スタッフの方から外来植物についてのレクチャーを受けてから活動するので、初心者でも気軽に参加できます。

実際に活動してみると外来植物の多さに驚かされるが、作業終了後は達成感を味わうことが出来ます。

 


大きな地図で見る

ミッション完了レポート

PAGE TOP