ヨコハマレンジャーズ

出動要請出動要請

A隊員:
里山の保全って、かなり遠くまで行かないと出来ないイメージなんですけど。
隊長:
横浜というと港のイメージだが、ちょっと内陸に入ると坂だらけの住宅地だ。そうした坂を中心に“斜面緑地”が残っているところも多く、そうしたところに里山の名残がある。
A隊員:
横浜駅から30分もかからずに、こうした里山に来れるのは良いですね。
隊長:
小さいながら田んぼもあって、面白いぞ。カエルの卵も見れるぞ。

★★★★☆

横浜の雑木林のお手入れ in 保土ヶ谷・桜ヶ丘緑地

久々の桜が丘緑地です!

最寄りの天王町駅は、横浜駅からわずか3駅。
駅の周りは都市化されているのですが、
10分ほど歩くと小さな山があり、その斜面が緑地として残っています。

今回は、横浜の雑木林の定番作業、
「アズマネザサの下草刈り、常緑樹などの伐採などの林床整理」です。

横浜の雑木林は、放っておくと冬でも葉を落とさないスダジイ、アオキなどの常緑広葉樹になると言われています。
里山としては、クヌギやコナラなどの落葉広葉樹を中心とした森のほうが豊かな生態系になるため、常緑樹を間引きしたり下草刈りの作業を行います。

もう少し、おとなしい作業が良いね!と言う方は、田んぼのクレソン抜きもあります(クレソンはお持ち帰り可)。

※このミッションは、NPO法人よこはま里山研究所との協働で実施します。

出動詳細
申込締切 2015/3/20(金) 12:00
場所 桜ヶ丘緑地
日時 2015/3/21(土・祝) 9:45~12:15
集合

相鉄線 天王町駅 改札前
※改札前にオレンジか紺のベストを着たスタッフが立っています。

スケジュール

09:45 天王町駅集合、歩いて現地へ 
10:00 現地着 作業開始 
12:15 終了

 ※希望者は皆でお昼を食べますので、是非お持ちください。焼き芋・ホットマシュマロします。
 ※現地の方は午後も作業をしますので「もっとやりたい!」という方は、居残り参加大歓迎!

現地団体 桜ヶ丘・水辺のある森再生プロジェクト
任務

下草刈り、常緑樹などの伐採などの林床整理と
雑木林・水田等の維持管理作業

装備

・汚れても良く、動きやすい服・靴 
 ※着替える場所は、簡易的なものしかありません 
・軍手(なるべくビニールの滑り止めつき) 
・タオル 
・帽子等 
・飲み物等 
・(任意)昼食 
 (現地に行く途中にコンビニ等あります)

作戦本部より
  • 作業にあたっては注意事項をよく聞き、林内を歩くときには、必要以上に植物を踏みつけないように注意してください。
  • 鎌など刃物を用いる作業の際は、指示された使い方に従い、一緒に作業する人との距離を十分に保って作業してください。
  • 雨天の際は中止となります。その際はメールでご連絡しますので、必ずご確認ください。

※参加にはレンジャーズ隊員登録が必要です(登録料無料)
→参加方法

PAGE TOP