かまくらレンジャーズ

ミッション完了レポートミッション完了レポート

【ミッション完了】日立グループレンジャーズ in 鎌倉中央公園 2015.10.24

date:2015.11.16 (月)

神奈川県鎌倉市の“鎌倉中央公園”にて、「日立グループレンジャーズ in 鎌倉中央公園」を実施しました!
SIMG_0404

日時:2015/10/24(土)9:00~13:00
場所:“鎌倉中央公園”(神奈川県鎌倉市)
天候:晴

 レンジャーズプロジェクトでは、一般の隊員の皆さんが参加する活動とは別に、企業やグループ単位でご参加いただく特別ミッションも実施しています。
今回、活動に参加していただいたのは、日立グループの皆さん。
レンジャーズプロジェクトの活動にご賛同いただき、グループ各社から、大勢の方にご参加頂きました。

 

SIMG_0388
▲JRの大船駅に9:00に集合して、京急バス「山崎」バス停下車。
そこから約10分ほど、みんなで歩いて行きます。
途中のお宅には、柿がたわわに実っています。秋ですね~。

 

SIMG_0396
▲会場に到着して、準備体操をしてから皆で自己紹介。
大きな企業さんなので、様々な関連企業の皆さんで参加されていますので、初めての御目にかかる方も多いのです。
現地団体「NPO法人山崎谷戸の会」さんから、鎌倉中央公園の成り立ちや、これまでやられてきた活動、本日の作業の意義について、ご説明いただきました。

 

SIMG_0399
▲道具の使い方についても、谷戸の会の方より説明していただいます。 鎌など、都会の生活ではなかなか使用機会がありませんので、安全に作業して頂くために、「人に怪我をさせない」、「自分が怪我をしない」使い方を、再確認していただき、現場へ向かいます。

 

SIMG_0409
▲さて、今回の作業は、雑木林のフチにある、かつては畑としても使っていた場所で、繁茂し過ぎた葛(クズ)などの片付けです。
100㎡以上はありそうな場所は、谷戸の会の皆さんも気にはなりながらも、人手が足りず、中々手がつけられなかった場所との事です。
今回、日立さんが来て頂くことになって、是非こちらをお願いしたい、という事で、本日に至りました。

 

SIMG_0423
▲クズそのものは、外来種でもないですし(逆に日本から北米に対し、侵略的外来種となっている)、普通に雑木林の生態系の一部分です。
またこうした蔓(つる)性の植物は、雑木林の周辺を覆い、外部と環境を分ける機能があり、マント群落などとも呼ばれます。
しかし、このクズの繁殖力はハンパなく、放っておくと繁茂し過ぎて、クズだらけ(なんか嫌な感じですが)になってしまい、他の植物が生育する余地がなくなってしまうのです。
クズを残す場合もありますが、今回の場所では繁殖し過ぎているので、ガッツリと刈り取っていきます。

 

SIMG_0434
▲ちょっと小休止。
10月下旬といっても、エルニーニョ現象の影響で、今年は記録的な温かさで、動くと汗をかきます。
安全な作業のためにも、適度な休憩は必要です
谷戸の会の皆さんが、谷戸でとれた梅で作ったジュースをご馳走してくれました。
火照った体に、冷たい梅ジュースは別格のおいしさです。
ありがとうございます。

 

SIMG_0443
▲後半の作業の前に、刈ったクズを堆肥場に捨てにいきながら、公園の案内もしていただきました。
ここは谷戸の会の皆さんが大切にしている、地元の農家さんが江戸期より守ってきた谷戸田です。
現在は“公園”となっていますが、できるだけ昔の姿を留めようと配慮されいます。
田んぼは、人が稲作を続けなければすぐに荒れてしまいます。
こちらの田んぼでは、農薬や化学肥料を一切使わず、可能な限り昔のやり方で谷戸田を守っています。

 

SIMG_0462
▲さあ、後半の作業を再開。クズはしっかりと繁茂しており、なかなかとれません。
鎌で根の近くを切り、思いっきり引っ張ってとっていきます。
自分が体を動かした分、即成果につながるこういう作業、ハマりますよね~。

 

SIMG_0470
▲皆さん、後半になるとかなりコツを掴んできて、作業効率がかなりアップしてきました。
男性も女性も、役割分担しばがら、抜群のチームワークでどんどん刈り取っていきます。
この辺りは、さすが企業チームの皆さん。

 

SIMG_0485
▲まだまだ作業できるぞ~、とのお声もありましたが、ここでタイムアップ。
すっかり綺麗になったところで、皆さんで写真をパチリ。
みんなで自然の中で体を動かすのは、気持ちが良いですね。
地域の皆さんのお役に立ちながら、この爽快感、達成感がレンジャーズの魅力です!

 

SIMG_0489
▲作業後は、各自使用した鎌を谷戸の小川で洗い、鎌研ぎをします。
レンジャーズでは、出来るだけ地元の方の負担にならないように、後片付けも含めてお手伝い頂きます。
お客さんではなく、一緒に活動するパートナーです。
そしてやっぱり総合メーカーの方なので、こうした道具の手入れが上手い方が多いと、谷戸の会の方も感心されていました。

 

SIMG_0493
▲最後にみんなでお昼を食べて終了。
(写真は、食べ終わった後です、スイマセン・・・)
「久々にこうした作業したな~」という満足感のある笑顔があふれます。
日立グループの皆さん、谷戸の会の皆さん、コーディネートにご協力頂きました東京ボランティア市民活動センターの皆さん、どうもありがとうございました!
地域貢献度が高い活動ですので、是非またご協力頂けたら幸いです。



企業単位でのレンジャーズも、随時募集中です。詳しくはこちらをご覧ください。

PAGE TOP