トーキョーレンジャーズ

ミッション完了レポートミッション完了レポート

【ミッション完了】 春の小川の岸辺を夢見て-6 in はるのおがわプレーパーク① 2019.03.09

date:2019.03.11 (月)

昨年の11月に引き続き、東京都渋谷区にある、
はるのおがわプレーパークにて
「春の小川の岸辺を夢見て-6 in はるのおがわプレーパーク(ミッション名)」を実施しました。

 

 

 

代々木公園駅から、唱歌「春の小川」の舞台となった川の道路を歩きながらフィールドへ向かいました

 

 

向かっている道中、以前川だったころの小さな水路を見つけました。

 

 

 

プレーパークには常駐のプレリーダーさんが3名いるので、子供だけでも安心です(*^^*)
私たちが行った時も、たくさんの子供たちやご家族の方々が楽しそうに遊んでいました!

 

今回は10名の隊員さんにご参加いただきました♪
1歳児と4歳児のお子さんとご参加されたご家族もいらっしゃいました👏

 

 

ミッションはタマリュウの植栽による緑化です!

 

講師の方々に教わりながら作業を行います。
講師の方によると、前に植えたクローバーは踏まれることに弱いため、
なくなってしまったそうです(・・;)
そこで!今回は、踏圧に強い雑草のタマリュウを植えました!

 

タマリュウを3カ所に分けて植えます。
1カ所目は講師の方に教わりながら全員で行いました。

 

 

スコップや鎌を使い、土を耕していきます。
表面10 cmの土の下にはガラという砂利がたくさんあるため土が硬く、
思っていたよりも大変な作業でした(^-^;

 

タマリュウを植えるには約15 cmの深さが必要なため、
耕し班のみなさんは頑張っていました(‘◇’)ゞ

 

 

掘り進めていると…土の中からは昆虫の幼虫?もでてきました✨

 

 

 

一方で、ポットに入っているタマリュウの苗を半分ずつに分ける作業も行いました!

 

根の部分をもみもみしながら、半分に分けられそうな場所を探していきます。
土を落としすぎないように気を付けながら、分けたい部分を剪定ばさみでジャキンと切ります!

 

 

土を掘った後、その上に腐葉土をまいてかき混ぜ、土の中からでてきた根や石を取りました。
さらにその上に肥料をまき、ならしました。

 

 

植栽するところに苗を並べる、仮置きをして間隔を見てから苗を植え始めます。

 

 

移植の際、浅すぎず、深すぎずのぎりぎりのところで植えることを意識しました。
お子さんも作業に積極的に参加してくれていました♪(*^^)v

 

 

植えた後の写真がこちらです!
きれいに植栽することができました\(^o^)/

 

 

 

2ヶ所目、3ヶ所目は2グループに分かれて作業を行いました。
少し急ぎながらも予定時間内に作業を終えることができました(*^^*)

 

タマリュウを半分に分けたり、土を掘ったりと体をたくさん使う作業だったため、
腰や足が痛くならないようにストレッチなどのケアは必須です(^O^)/

 

ストレッチをした後、
皆さんに「いろんな人の手がかかっている、という実感があった」「良い運動になった」
「ボランティアがあったことでおもしろい公園があるということを知れた」などの感想をいただきました✨

 

 

そして以前のレンジャースプロジェクトで植えた花壇の花もきれいに咲いていました!
タマリュウもどのように成長してくれるのか楽しみですね(*^-^*)

 

子供だけでも、ご家族でも遊ぶことのできる素敵な公園があることを知ることができ良かったです!
体を動かし、リフレッシュにもなりました(*’▽’)

 

レンジャーズの皆さん、はるのおがわプレーパークの皆さん、講師の方、ありがとうございました。
お疲れさまでした!

 

以前の作業レポートも良かったらご覧ください(^^♪ 
春の小川の岸辺を夢見て-5 in はるのおがわプレーパーク
http://rangersproject.jp/report-child/181117/


(レポート:インターンNさん)

PAGE TOP