トーキョーレンジャーズ

出動要請出動要請

前回、定員を大幅に超える参加表明を頂いた「はるのおがわプレーパーク」のミッション。今回のミッションは、そのスピンオフ企画で、旧渋谷川の今を知る、ウォーキングイベントを開催します。

A隊員:
今回はウォーキングイベントって事ですが、ブラなんとかって、N○Kの人気番組「ブラ○モリ」のパクリみたいな名前じゃないですか。
隊長:
しーっっっ。それをここで言うなっ。しかも今回は、そのN○Kの脇を通って行くんだから。
A隊員:
人気番組にあやかろうという魂胆がミエミエですね。
隊長:
いや、だからそれを言うなって。

★★☆☆☆

<特別企画:ブラレンジャーズ>文部省唱歌「春の小川」の舞台は今 in 渋谷川

今回のミッションは、特別企画として<ブラレンジャーズ>というウォーキングイベントを開催します。

その舞台は東京都心、シブヤですが、実は文部省唱歌「春の小川」の舞台とも言われるのが、今回ウォーキングする渋谷川なのです。

唱歌「春の小川」が発表されたのは、1912年=大正元年。作詞した国文学者・高野辰之博士は、東京府豊多摩郡代々幡村の一角(現在の代々木3丁目)に居を構えており、当時は辺り一面、田んぼだったそうです。そこを流れる渋谷川の支流である河骨川を散策した体験から着想を得て、作詞したといわれています。

100年前は、そんな牧歌的だった渋谷ですが、1964年の東京オリンピックの時に、川にフタをして下水道に転用するという政策が取られ、渋谷駅より上流の部分は蓋をされ、暗渠(あんきょ)となりました。それから、50年の時間が経過しています。

今回は、渋谷川を遡上しながら、その土地にまつわる昔話を聞き、同時に下水道の悪臭・劣化をまねく原因となっているビルピット(1)の実態調査を兼ねたウオーキングを開催致します。
これからの東京を考えながら、古き良き渋谷の様子も体験しましょう。

 

(1)「ビルピット」とは?
ビルの地下にある厨房やトイレ等は、下水道管より低い位置にあるため、排水を自然流下で排水することができません。そのため、地下部分で発生した排水をポンプでくみ上げて下水道に排除しています。このとき、一時的に排水を貯留する排水槽を「ビルピット」と呼んでいます。

 この活動は、「シブヤ環境プロジェクト2015」の一環として、平成27年度みどり東京・温暖化防止プロジェクトの助成を受け、実施します。

出動詳細
申込締切 12/4(金)昼12:00
場所 旧渋谷川
日時 12/6(日)9:45~12:30
集合

渋谷 「ハチ公前」集合

※緑色のビブスを着たスタッフが立っています。

※大きなせんぬきが目印です。

スケジュール

 9:45 ハチ公前集合

 9:50 旧渋谷川の流れをたどりウォーキング(ところどころで硫化水素を測定)
      渋谷駅前〜宇田川〜河骨川〜春の小川歌碑(約4km)

12:00 童謡「春の小川」歌碑前に到着 ふりかえり

12:30 現地解散

現地団体 NPO法人渋谷川ルネッサンス ⇒ http://www.shibuyagawa.net/
任務

旧 渋谷川をたどり、川の現状を知る。

(今回はウォーキングイベントのため、作業はありません)

装備

・履きなれた歩きやすい靴 (舗装路を4kmほど歩きます)

・雨具

・筆記具

・飲み物

・(任意)クリップボード等

作戦本部より
  • 今回はウォーキングイベントですので、いつものようなフィールド作業はありません。

※参加にはレンジャーズ隊員登録が必要です(登録料無料)
→参加方法

PAGE TOP